七草粥

ホームページ担当の鎌田です。

 

本日1月7日は人日の節句と呼ばれ、七草粥を食べる習慣があります。

一年の無病息災を願って食べられます。

正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われています。

 

七草粥に入れる春の七草は以下の通りになります。

  • セリ
  • ナズナ
  • ゴギョウ
  • ハコベラ
  • ホトケノザ
  • スズナ(カブ)
  • スズシロ(ダイコン)

カブやダイコンはもちろん、セリも秋田では馴染みのあるものですね。

七草にはそれぞれ効能があり、消化を助ける成分が多く含まれています。

 

本日の昼食は七草粥、味噌汁、カレイの照り焼き、ほうれん草ナムルでした。

七草粥は朝に食べるものだそうですが、

ディの皆様にも楽しんでいただけるよう、昼に提供いたしました。

foodpic5711785

foodpic5711823

七草粥は風味よく、適度に塩が効いていて美味しかったです。

カレイもほうれん草も軟らかく、おなかに優しい感じの献立でした。

 

P.S.本日から画像編集方法を変えてみました。明るく見やすくなったかと思います。

今まで暗く見づらい写真が多く、申し訳ありませんでした。

新春福くじ

ホームページ担当の鎌田です。

 

 

 

1月1日から3日にかけて、新春福くじを行いました。

s-DSCN0394

年賀状を模したカードを配布し、それに記載された番号を使ってくじ引きしていただきました。

景品にはお菓子の詰め合わせを様々な組み合わせで準備しました。

s-B6Ff0PzCEAEOu5C

カードは写真を用い、何種類か作成し、年賀状が届いたと喜んでいただけました。

くじも嬉しそうに引いていただけ、おめでたい感じを楽しんでいただけたのではないでしょうか。

 

 

 

さて、本日の昼食は天ぷらと紅白なますでした。

s-IMG_0004

天ぷらは夢うさぎでも人気があり、サクサクで美味しかったです。

紅白なますや夕食の煮しめ等、正月らしい料理も取り入れた一日でした。

 

ちなみに三日間紹介した正月料理のいわれは、冊子上にまとめて各部署に配布していました。

s-DSCN0395

 

 

 

紹介し忘れていましたが、玄関や各部署に、今年の干支の未をモチーフにした小物(写真は石鹸)や、

鏡餅(餅から飾りまで課長の手作り!)を飾っていました。

s-DSCN0408s-DSCN0409

1日に掲載した門松ともに好評で、施設にいながら正月気分を味わっていただけたのかな、と思います。

 

今後もご利用者様のため、行事を重んじ、季節を感じて頂けるよう取り組んでいきます。

改めまして、本年も夢うさぎをよろしくお願い申し上げます。

書き初め

ホームページ担当の鎌田です。

 

書き初めは1月2日に行われるそうで、 夢うさぎでも書き初めをしているユニットが見受けられました。

IMG_0011 IMG_0013

内容は様々ですが、皆様お上手です。

 

 

 

さて、本日の朝食は煮なますでした。

なますは、めでたいこと、よろこびをあらわす紅色(人参)、清浄・神聖をあらわす白(大根)を組み合わせています。大根は大地に根を張るので、家の土台がしっかりして栄えるともいわれています。

 

昼食は散らし寿司昆布巻きでした。

s-IMG_0001

散らし寿司には昨日紹介したエビが入っています。

昆布は「養老昆布(よろこぶ)」に通じ、不老長寿の意味があります。

 

おやつはたまごロールケーキでした。

見た目が伊達巻に似ていて、おめでたいかな、ということで。

 

夕食は筑前煮錦卵でした。

筑前煮に入っているごぼうには、先述の大根と同様、根づく野菜であることから家の土台がしっかりとするようにという願いが込められています。同じく筑前煮に入っているれんこんは、たくさんの穴が開いていることから、先が見える、見通しがよいことをあらわします。

錦卵は、卵の白味と黄味を分けて二色にした料理の「二色(ニシキ)」と豪華な「錦」との語呂合わせです。

 

 

 

夢うさぎのディは祝日関係なく、月~金曜日やっています。

今年は1日2日とご利用いただけ、とても盛り上がりました。

s-DSCN0396 s-DSCN0397

スタッフ製作の切り絵と、利用者製作の貼り絵でお待ちしています。

 

なんだか文字ばかりの投稿になってしまい申し訳ありません。

それでは、また明日。

謹賀新年

DSCN0415DSCN0414

 

あけましておめでとうございます。

ホームページ担当の鎌田です。

 

本日から三日間は正月料理となりますので、そのいわれとともに紹介していこうと思います。

 

 

 

朝食は里芋の味噌汁、エビ炒め、数の子松前漬でした。(数の子のみの写真ですみません)

 

B6OFaYYCYAEwGRk

 

【里芋】子孫繁栄

  • 親芋からたくさんの小芋が収穫できることから

 

【えび】長寿の願い

  • ゆでたり焼いたりすると背が丸くなることから、腰が曲がるまで長生きできるように

 

【数の子】子孫繁栄

  • 粒が多い
  • 親の「にしん」が「二親健在」に通じる

 

 

 

昼食はブリの照り焼き、正月料理盛り合わせ(伊達巻、蒲鉾、田作り、栗きんとん、黒豆)でした。

 

dscn0391dscn0393

 

【鰤の焼き物】出世を祈願

  • 出世魚である事から

 

【伊達巻】

  • 読み書きがしっかりとできるように
  • 文化発展(文書などの巻き物に見立てて)

 

【紅白かまぼこ】新しい門出にふさわしい

  • 半円形は日の出に似ていることから

 

【田作り】(ごまめ)

  • ごまめは、かつて田の肥料にもしたことから「田作り」とも呼ばれている
  • 「五万米」の文字をあて、豊年豊作の願いを込めている

 

【きんとん】

  • 「金団」と書き、財宝という意味がある
  • 色も金銀財宝を連想させる黄色をしている

 

【黒豆】日に焼けて真っ黒になるまでまめ(勤勉)に、過ごせますようにという願い

  •  関西風は丸くふっくら煮る(今回はこちら)
  • 関東風は「しわが寄るまで元気で働けるように」としわができるように煮上げる

 

 

 

おやつは紅白まんじゅうでした。

 

DSCN0401

 

紅白は単にめでたいだけでなく、紅は魔よけ、白は清浄を表すそうです。

 

 

 

夕食は松風焼き、梅和えです。

 

【松風焼き】今年一年、悪い事をせず、まっすぐに生きてゆきましょうという願い

  • この料理は、表面はかざってあるが、裏には何もついていない
  • それは「裏が無い」=「かくし事がなく正直な様子」を表す

 

【梅干し】長寿への願い

  • 梅干しの皺を老人の肌に見立てて
  • 梅の木は長寿であることも理由の一つ

 

 

 

普段は習慣でなんとなく食べている正月料理にも、さまざまな願いがこめられています。

その願いを胸に、今年も元気に楽しく頑張りましょう。

 

本年も夢うさぎをよろしくお願い申し上げます。